複利の構図と積立対価の構図について勉強した

複利などについて学習しました。複利終価は、複利法で計算されたフィナーレ期末の元利総合をいいます。複利利率とは、複利終価と第1期の資金との値鞘をいいます。利率思索期は、利率が生まれ資金にくり取り込める歳月をいいます。たとえば、1年ごとに利率が資金にくり取り込めるらを1時期1期、半年ごとに利率が資金にくり取り込めるらを半年1期といいます。期総数は、利率思索期の度数をいいます。単利法と複利法では、終価は歳月が少ない(期総数が短い)とさほど変わりがないが、歳月が長くのぼる(期総数が多くなる)につれて終価の差が大きくなります。したがって、単純に利子だけで判断することはできず、利子と歳月を用いて終価で比較する必要があります。複利終価は、FV関数で待ち焦がれることができます。定期的におんなじ総額を積み立て、積立歳月終了後に利率を含めた総額を取ることを定期積立お金といいます。定期積立お金は、毎期の積立お金と前期までの積立お金総合に対して利率が計算されます。知らないメッセージがほとんどだったので、復習したいと思いました。http://www.nagasaka-kanko.jp/