木星等級惑星と大赤斑などについて勉強してた

惑星などについて習得しました。火星は2階層2か月ごとに地球に接近する。木星の質量の99%以外を水素とヘリウムが占め、日大気の科学組成とほぼ同じだ。地上の望遠鏡でも感じる表の縞デザインや大赤斑は、大気の激しい対流行動によるグッズと考えられています。大赤斑は、1664階層に英国のフックによって発見されました。18世紀後半から50通年は計測の連絡がありませんが、その後は1840歳から現在まで存在し続けている大気の氾濫だ。惑星研究機ボイジャーによって指輪(環)が発見された以外、木星の磁場は地球磁場の10倍以上の強さであることもわかりました。土星は惑星のなかで最も基準密度が小さく、ほとんどが水素とヘリウムでできている。よく知られている土星の指輪は、直径約1m弱の氷の集まりを主体に、ちっちゃな氷や岩片などが多彩集まってできている。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。http://www.fndg.co/acom/