マンガ台本の実写フィルムからの離脱が必要では?

戯画原作の実写DVDがすごい増えたと思いませんか?
DVD館に行けば、上映やるDVDの候補の一種、2,3雑誌は戯画を原作とした実写DVDになっています。
ただ、こういう戯画原作の実写DVDは案の定どれほど需要があるのでしょうか。
かつてドラゴンボールやルパン三世間といった往年の名作が実写DVD化されましたが、概して呼物が上がらずに候補から消えて言うような気がします。
私の界隈でも、そういった戯画原作の実写DVDを見た奴はおそらくいませんでした。
しかし、今でも戯画原作の実写DVDがリリースされているのはどうしたことでしょうか。
ほとんど、戯画原作だと今やダイアログが固まっているため、DVDプロデューサーとなりが創造まま快適を行えることが考えられます。
また、原作のファンの奴がお得意さんとして来ることも想定しているのだと思います。
しかし、これは原作ファンを余りに軽視した行為であることは明らかです。
このままでは戯画原作のDVDどころか、DVD全容がこの程度なのかと思われてしまう危険性があります。
忌まわしい現代だからこそ、敢然とDVDらしきDVDを作ってほしいものです。キレイモ 学割